本年1月13日から、自筆証書遺言の作成に関して改正法が施行されたのでお伝えします。

改正のポイントは、財産目録の部分をパソコン等手書き以外で作成できることと通帳のコピーを添付できるようになったことです。

従来遺言書を自分で作成するには、全部手書きで行わなければなりませんでした。誰に何をどのくらい相続させるかとの文章から相続財産の全部を記載したいときに作成する財産目録まですべて手書きにしなければならならず、一字でもパソコンで入力したものがあれば、無効になってしまうおそれがありました。しかし、作成する側からすれば手間がかかり、病気等で手先がうまく動かせなければ、さらに苦労し、利用しずらいものになっていました。。

そこで今回の改正が行われました。引き続き作成者の意思を明らかにするため文章の部分は手書きの作成が求められますが、財産目録の作成がやりやすくなるでしょう。

自筆証書遺言に関しては、今後パソコンで作成できる部分に気をつけて行かなければならないでしょう。パソコン使い遺言書作成をお考えの人は専門家のアドバイスを受けてからのほうがより安全に作成できるでしょう。